N.Y 2001 森田 剛一

BACK

N.Y 2001

photo by 森田 剛一


突然だった。写真学校を卒業して、これから自分はどんな写真を撮っていこうか迷っている時期で、
毎日持て余す時間を友人宅で酒を飲んで過ごして、TVをダラダラと観ている時だった。
TVモニターには目を疑う光景が流れていて、はじめは友人がチャンネルを切り替えた映画のワンシーンだと思っていたが現実だった。
その後すぐに複数抱えていたアルバイトを全て辞め、手持ちの機材全てをリュックに詰め込んでニューヨークへ向かっていた。

写真学校では沢山の写真家を知り、様々な写真の在り方や作品をみてきて、特にモノクロでニューヨークを撮影した名作に惹かれていた。
頭の後ろにこびりついてしまったそれらのイメージに引っ張られないように、初めてカラーフィルムを使用した。
歩くことと持ってきたフィルムを全て撮りきることだけをテーマとし、ニューヨークの北に位置するヨンカーズから高速バスでマンハッタンまで毎日通い、
朝から日が暮れるまでひたすら歩き続けた。碁盤目状の街は分かりやすく、何時何分に何処の光が良いかをメモをして、その場所へ向かうという撮影方法にした。

以来、街を歩き続けることになった。


森田 剛一( koichi morita )

●略歴

1980年 千葉県生まれ 写真家
2001年 東京ビジュアルアーツ写真学科卒
2009年 ギャラリー・ニエプスへ参加

●個展
2006年  「Trip」(ギャラリー七針) 茅場町
2009年  「空嘯」(ギャラリーニエプス) 四谷
2010年  「N.Y.2001.12」(ギャラリーニエプス) 四谷
2011年  「EXTEMALS OF OKINAWA」(ギャラリーニエプス) 四谷
2011年  「CLOSER」 (ギャラリーニエプス) 四谷
2011年  「in Tokyo」 (ギャラリーニエプス) 四谷
2012年  「Henoko-Okinawa」 (ギャラリーニエプス) 四谷
2012年  「N.Y.2001.12」 (大阪ハッテンギャラリー) 梅田
2013年  「Manila」  (ギャラリーニエプス) 四谷
2015年  「沖縄と東京」  (ギャラリーニエプス) 四谷

HP:https://www.koichimorita.com/


VOICE OSAKA Culture WEB Magazine