Jupiter 鷲尾 和彦

BACK

Jupiter

photo by 鷲尾 和彦


これまで写真集や展覧会で発表してきた作品は全てフィルムカメラで撮影してきたもので、対象も僕が住んでいる日本を撮影したものでした。
メモがわりに使う小さなデジタルカメラを使って撮った写真がかなり溜まってきていたので見返してみたところ、自分でもちょっと新鮮に感じられました。
この写真は全て海外を旅していた時に撮ったものばかりです。
この先にどこに辿り着くのか、楽しみながら撮影を続けてみたいと思っています。


鷲尾 和彦(WASHIO Kazuhiko)

○略歴
兵庫県生まれ。
音楽活動の後、独学で写真を始める。世界的な視線から自らの居場所である「日本」をとらえた作品制作の姿勢を貫く。
2009年、『極東ホテル』を出版。
2011年、作家・詩人の池澤夏樹氏とともに東日本大震災発生直後から被災地をフィールドワークし、書籍『春をうらんだりはしない』と写真集『遠い水平線 On the Horizon』を刊行。
2014年には日本全国の海岸線の風景を15年間にわたり撮影したシリーズ『To the Sea』を刊行(序文はノーベル文学賞受賞作家であるジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオが寄稿)。
主な個展は「A la Mer - 海へ -」(ESPACE KUU 空、東京、2016 年)、「WANDERING SOULS」展(Gallery Tanto Tempo、神戸、2012年)、「極東ホテル Hotel Fareast」展(AKAAKA、東京、2010年)など。
「ふたしかなその日−Seize the Uncertain Day」展(東京藝術大学大学美術館陳列館、東京、2017年)や「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」(オーストリア、2016年)などにも参加。

HP:http://washiokazuhiko.com/
Facebook:https://www.facebook.com/washio.kazuhiko.studio/
twitter:https://twitter.com/kazphoto

○写真集/書籍
2009. 「極東ホテル」(赤々舎)
2011. 「春を恨んだりはしない」(中央公論新社)
2011. 「Tokyo 24h」 (日経BPパブリッシング)
2012. 「遠い水平線」 (One Drops)
2014. 「To the Sea」(赤々舎)
2016. 「The Fishery」(私家版)
2017. 「アルスエレクトロニカの挑戦」(学芸出版社)

○主な個展
2005/08 「極東ホテル」 (Roonee 247 photography、東京)
2005/11 「極東ホテル」(digmeout cafe、大阪)
2006/07 「極東ホテル」(ガーディアン・ガーデン、東京)
2008/01 「ネイバーフッド」(ピクトギャラリー、大阪)
2008/10 「極東ホテル」(ニコンサロン銀座、東京)
2010/03 「極東ホテル」(赤々舎、東京)
2012/01 「WANDERING SOULS」(ギャラリータントテンポ、神戸)
2012/03 「遠い水平線」(ニコンサロン新宿、東京)
2012/04 「遠い水平線」(ニコンサロン大阪、大阪)
2013/01 「Journey In To Life」(西脇市立西脇病院、兵庫)
2014/07 「To the Sea」(Roonee 247 photography、東京)
2015/02 「To the Sea」(ギャラリーコールピット、福島)
2016/07 「A la Mer」(大正大学ESPACE KUU、東京)
2018.04 「Station / Station」 (Site-A Gallery, 横浜)

○主なグループ展
2006/09 「The Exposed / the other side」 (ARTZONE、京都)
2006/12 「Portrait Photo Documentary」(エモンフォトギャラリー、東京) 
2008/08 「5Photographers Show」(Gallery illum、韓国)
2009/09 「ウルサン国際フォトフェスティバル」 ウルサン(韓国)
2014/06 「写真とことば 記憶の種」(世田谷文化生活情報センター、東京)
2014/11 「La Librairie imaginaire」(GALERIE-T、パリ)
2015/07 「アテネ・フォトフェスティバル」(Benaki Museum、ギリシア)
2016/09 「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」 (Post City, オーストリア)
2017/03 「ふたしかなその日−Seize the Uncertain Day」展(東京藝術大学大学美術館陳列館、東京)

○所蔵
清里フォトアートミュージアム


VOICE OSAKA Culture WEB Magazine