Shadow in the House 大坪 晶

BACK

Shadow in the House

photo by 大坪 晶


大坪晶の写真作品《Shadow in the House》シリーズは、時代の変遷とともに所有者が入れ替わり、多層的な記憶を持つ家の室内空間を被写体としています。
室内に残る歴史の記録であると同時に、ダンサーが動いた身体の軌跡を長時間露光撮影によって「おぼろげな影」として写し込むことで、何かの気配や人がそこにいた痕跡を想像させます。
それは、複数の住人の記憶が多重露光的に重なり合い、もはや明確な像を結ぶことのできない記憶の忘却を指し示すとともに、それでもなお困難な想起へと開かれた通路でもあります。
大坪は近年、日本各地に現存する「接収住宅」(第二次世界大戦後の GHQ による占領期に、高級将校とその家族の住居として使用するため、強制的に接収された個人邸宅)を対象とし、
精力的なリサーチと撮影を続けています。撮影場所の選定にあたっては、建築史 や都市史研究者から提供を受けた論文や資料を参照するとともに、「接収住宅」の所有者の遺族や管理者への聞き取りを行っています。


大坪 晶(Akira Otsubo)

○略歴
2002年に京都文教大学 臨床心理学科を卒業後、
2011年に東京藝術大学 先端芸術表現専攻修士課程修了。
2013年にチェコ共和国国費留学生として、プラハ工芸美術大学(AAAD)写真専攻修士課程修了。

主な受賞歴に、
2017年 Japan Photo Award(椿玲子選)、
2016年 KYOTOGRAPHIE KG+ public award受賞 (KYOTO ART HOSTEL kumagusuku内 ozasahayashi_project) 、
2015年 Nikon Salon 三木淳賞奨励賞、
2014年 TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 審査員特別賞(後藤繁雄選)、
2010年 MIO PHOTO AWARD 審査員奨励賞(森村泰昌)選。

☆今後の予定
○イベント情報
トークイベント「記憶 ⇄ 記録をつなぐ」 アメリカ国立公文書館 写真資料調査レポート
開催日 11月18日(日)13:00〜
講師 大坪 晶、高嶋 慈
受講料 1,500円 (Nagy受講生、大学生は1,000円)
情報詳細 https://www.photoexlab.com/vol-4-1

○展覧会情報 「Shadow in the House」 開催場所 : ブルームギャラリー(大阪)
開催日程 11月24日-12月22日

HP:https://akiraotsubo.info/


VOICE OSAKA Culture WEB Magazine