哀惜 三浦 勇人

BACK

哀惜

photo by 三浦 勇人


22歳の時、母が死んだ。
布団に横たわる母の亡骸を見ていると
野に咲く花を見ているようだった。

花は四季の特定の時節に咲くもので、
それは刹那的であり季節の終わりとともにあっけなく散ってしまう。
そして季節が来てまた咲き始める。
花の美しさの背景にはやがて朽ちゆくのを先取りする「哀惜の情」がある。

母の亡骸を見ていてそのような思いを重ね合わせていた。
この哀惜の情を前向きに捉え乗り越えるのではなく、 ともに生きてゆくような生き方を胸に刻んで、今日も花と生きる。


三浦 勇人 ( Yuto Miura )

【略歴】
1993年 福島県生まれ
2016年2月に母を亡くしたことをきっかけに、2016年7月から 展示活動などを中心に写真家として活動を始める。
自身の初の個展「刹那と静寂」を2017年12月2日~4日に space K 代官山にて開催する。

tumblr:https://yutomiura.tumblr.com/
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100010448370368
twitter:https://twitter.com/lucy_3177
instagram:https://www.instagram.com/lucy3177/


VOICE OSAKA Culture WEB Magazine