Metamorphose 深谷 貴子

BACK

Metamorphose

photo by 深谷 貴子


私はこのシリーズで、13歳になる私の長女を撮影している。
娘はなに不自由なく暮らしているが、身体のみならず精神的にも日々成長していることがその仕草、言葉遣いや態度からうかがい知ることができる。

思えば私自身にもそのような時間があった。私はどちらかというと不器用で、その時間に関してはあまりいい思い出がない。
学校では友人とぶつかり、教師の言うことにはいちいち反発していた。
家では親の言葉に歯向かっていたが、今から思い起こせば、自分自身の身体や心の成り立ち、将来に不安があったのだろう。
進路のことや友人関係のことで悩んでも、一人で抱え込みさえすればやり過ごせると感じていたのだ。

それから何年もの月日が流れた。
いつのまにか大人になった私は、自身が閉じこもっていた殻を脱ぎ捨てはしたものの、小さく弱々しい過去のサナギを心に住まわせたまま結婚して娘を授かった。
私は蝶になるという実感を持たないまま、新たな命を産み落としたのだ。

今、成長して大人へと変わっていく娘と向き合ってみると、13歳という美しい季節について考えずにはいられない。
私は、娘の美しい変節にいつも素直に驚嘆の思いを抱いている。
穢れのない美しい肢体は、かつて私にも備わっていただろうか。
口を尖らせて私のカメラに向き合う小さな反抗は、私が私の母に向けた仕草と同じだろうか。

このシリーズを撮影するということ。それは、娘に私自身を投影しながら私自身を見つめ直すという副次的な作用をもたらした。
作品に印象的な蝶のモチーフを取り入れることで、私は小さく弱々しい自分自身と、華やかで軽やかに飛ぶ蝶のような娘とを対比して眺める機会を得たのだ。
そしてやはり、私も現在の娘同様、ひどく弱々しい幼さを脱ぎ捨てて、女へと変化を遂げた時間があったのだと実感することができたのだ。



In this series, I am photographing my eldest daughter who is turning 13.
She lives a good life, lacking in nothing, and I see her growing daily, mentally and physically, from her gestures, words, and attitudes.

Looking back, I also went through a similar phase in my life. However I remember myself being rather awkward, and do not have much good memories from that time.
At school I clashed with my classmates, and constantly stood up against my teachers.
At home I rebelled against the words of my parents, although thinking back, it probably came from my anxieties about the future.
Although I was troubled about my life choices or friends, I thought that I would get through on my own, without consulting anyone.

Many years have passed since then.
I became an adult not knowing when, and although I did shed the shell in which I'd shut myself inside,
I married and conceived my daughter, all the while keeping the small and weak chrysalis from the past within my heart.
I gave birth to a new life without ever having the conviction of having turned into a butterfly.

Facing my daughter now who is growing up to be an adult, I cannot but think about what a beautiful season 13 is.
I am constantly in simply awe-struck by the beauty of her change.
Did I also once possess such unsoiled, beautiful body?
Is that small gesture of rebellion when she pouts towards the camera, same as what I once directed towards my mother?

Photographing this series had an additional effect for me where I was able to take a second look at myself while projecting myself on my daughter.
By repeatedly incorporating a memorable motif of butterflies into my works,
I was given the chance to look in comparison at myself, small and weak, with my daughter, radiant and flying as lightly as a butterfly.
In the end, I was able to realize that I too, once had a time when I shed my horribly feeble self and became a woman, as my daughter is doing now.


深谷 貴子(Takako Fukaya)

【略歴】
1974年 愛知県生まれ
1999年 趣味として写真を撮りはじめる
2012年 独学で作品作りをはじめる
2013年 自身の娘たちをモデルにした作品作りを開始する

HP:http://www.takakofukaya.com/
Facebook:https://www.facebook.com/chikuwa.f
Instagram:https://www.instagram.com/ever_green_/
LensCulture:https://www.lensculture.com/takako-fukaya

○受賞歴
2017 KLPA2017 : オープンカテゴリー ファイナリスト25
2017 ピクトリコ フォトコンテスト2016-2017 : 三菱製紙賞
2016 TIFA2016 : Silver Winner / Bronze Winner / Honorable Mention
2016 IPA2016 : Honorable Mention
2016 MIFA2016 : Honorable Mention

○グループ展
2017 RAIEC TOKYO 2017展 参加

○Web Magazine
2017 Dodho Magazine (スペイン) : 特集掲載 https://www.dodho.com/ordinary-days-is-beautiful-by-takako-fukaya/

○その他
2017 LensCulture : Portrait Awards 2017 エントリーカバーページ採用
2016 六甲山国際写真祭 ポートフォリオレビュー参加

【今後の予定】
2017 六甲山国際写真祭2017 ARTIST in RESIDENCE 展示 及び ポートフォリオレビュー参加予定(2017年8月19日(土)~8月27日(日))
2017 Kuala Lumpur International Photo Awards(KLPA)2017 受賞者展 (2017年9月9日~9月19日 Whitebox Gallery, Malaysia)
2017 THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017 Photo Atlasのメンバーとして参加予定 (2017年10月5日(木)~10月8日(日) 寺田倉庫、東京)


VOICE OSAKA Culture WEB Magazine