霧の中できつねが吼える 足髙 七生子 showcase-VOICE-

BACK

霧の中できつねが吼える

photo by 足髙 七生子


写真機を持ち霧の立ち込める森の中を歩いている。

それは街の中でもそうなのだ。

霧とは他でもない私自身。

きつねの吼え声を耳を澄ませて歩いている。聴こえた瞬間シャッターを切る。

きつねの吼える声とはほかならない野性のこと。

ほんの些細な。少し奇妙な。 毎日の中にそれはある。


足髙 七生子

1969年神戸生まれ 魚座
2013年母の介護をきっかけに記録の為に写真を始める。
2014年7月神戸新開地のゲストハウス ユメノマドにて初個展。
同年9月ネオサイケ歌謡ユニット沼娘(ヌマッコ)のライブとのコラボ写真展を神戸のらまる食堂にて開催。
関西アンデパンダン展、グループ展などに時々参加。
2015年11月ギャラリーオマージュにて個展『霧の中できつねが吼える』
個展タイトルはキャサリン・ダンの著作「異形の愛」の一文から得た。
現在、ギャラリーオマージュメンバー。

アスファルトと電線のみにくい日常の中で、 毎日いぬのように写真を撮っています。

Facebook:https://www.facebook.com/naokoring


VOICE OSAKA Culture WEB Magazine