ニガヨモギの星の下 腐肉 狼 showcase-VOICE-

BACK

ニガヨモギの星の下

photo by 腐肉 狼


「第三の御使がラッパを吹き鳴らすと、

苦よもぎというたいまつのように燃えている大きな星が落ちて、

水の3分の1が苦くなり、そのため多くの人が死ぬ」


新約聖書・ヨハネの黙示録(8章、10-11)


1986年4月26日
ソビエト連邦(現・ウクライナ)チェルノブイリ原子力発電所4号機で発生した事故により現在も原発から半径30km以内の地域での居住が禁止されている。
チェルノブイリ原発より程近い街プリピャチでは事故当時約49,400人もの方々が暮らしていたが現在はゴーストタウンと化している。

*チェルノブイリという地名の由来となった「オウシュウヨモギ」は「ニガヨモギ」の近縁種でありしばしば原発事故とヨハネの黙示録を関連付けて語られている。



私は世界において無価値な存在である。

それ故に

私は無価値な存在に

世界から遺棄された存在に

世界から見向きもされない存在に強く惹かれる。

それは廃墟であったり、名も知らぬ草であったり、薄汚れた野良猫だったり。

ただの壁だったり、壊れた傘だったり。様々だ。

彼らの放つ微かなヒカリをそっと集めて私は唄いたい。


壊れたヒカリを紡ぐ唄を。


無価値な男が無価値な存在を撮り続けることはやっぱり

無価値な写真を量産するだけかもしれない。

それでも私は自分が撮り続ける事を無意味な事だとは思わない。


腐肉 狼

●活動履歴(展示)

2006.01.24-29 渋谷 Gallery LE DECOグループ展「7」参加
2006.03.18-04.17 カメラのキタムラ希望が丘店 個展 「1/7」
2007.08.19-26 居酒屋 ENCOUNTER!! (新潟)三輪和美×腐肉狼 写真展 「壊れたヒカリを紡ぐ唄」 -niigata R-
2007.09.03-30 bar EXIT (新宿)三輪和美×腐肉狼 写真展 「壊れたヒカリを紡ぐ唄」 -Tokyo R-
2008.07.01-06 Roonee 247 photography(東京 四谷) 大津茂巳×腐肉 狼 写真展「Sing for Ruins」 -Tokyo R-
2008.12.01-14 富士フォトギャラリー新潟 大津茂巳×腐肉 狼 写真展 「Sing for Ruins」 -Niigata R-
2009.03.04-08 Littlish (東京 神楽坂)朧(おぼろ)」展 参加 出展作家・J2・kashiwaya taeko / KENREN・腐肉 狼 
2009.12.02-28 富士フォトギャラリー新潟 腐肉 狼 写真展 ヒカリチュウドク2009 開催
2009.12.22-2010.01.10 gallery maggot(大阪) 公開グループ展『GRD』参加 出品者 川本亜矢 / カマウチヒデキ / 腐肉狼 / 木村充伸 / 大木一範
2010.07.02-14 富士フォトギャラリー新潟 ~居酒屋 ENCOUNTER!! 写真部展~ 前期
2010.07.17-31 富士フォトギャラリー新潟 ~居酒屋 ENCOUNTER!! 写真部展~ 後期
2010.08.24-29 gallery maggot(大阪) 腐肉 狼 写真展 ヒカリチュウドクinオオサカ「大北海道(ハイキョ?)展」開催
2010.12.03-26 富士フォトギャラリー新潟 腐肉 狼 写真展 ヒカリチュウドク2010開催
2011.12.03-27(富士フォトギャラリー新潟 腐肉 狼 写真展 ヒカリチュウドク2011
2012.10.30~11.4 高田馬場 三日月ギャラリー  腐肉狼×大津茂巳×momo 三人展 『残心』
その他、企画展・グループ展参加、展示多数。

Facebook:https://www.facebook.com/funikuookami
Facebook Page:https://www.facebook.com/hikarichuudoku
ヒカリチュウドク (blog):http://funiku.exblog.jp


VOICE OSAKA Culture WEB Magazine