また始まること kanaho* showcase-VOICE-

BACK

また始まること

photo by kanaho*


2012年、34歳で卵巣癌を患った後、半年間の自宅療養と社会復帰後に撮影した日常のシーン。
回復に向かう気持ち、再発への不安、普通に暮らせる事への感謝など、
闘病で経験した様々な気持ちから至った、現在の自分なりの境地を表します。


kanaho*

○略歴
大阪在住/会社員

(これまでの個展)

2009年 9月 個展「優しい写真」(ギャラリーアビィ)
2010年 9月 二人展「オンとオフ展」(ツキトギャラリー)      
     12月 個展「やわらかい時間」(ギャラリーアビィ)
2011年10月 個展「kanaho*403」(廊下ギャラリープチアビィ)
2012年 3月 個展「end roll」(ギャラリーアビィ)      
      5月 個展「end roll」(NADAR/TOKYO)       
      6月 個展「淡々と。」(cafe room)
2013年 6月 個展「無事、退院しました。」(廊下ギャラリーアビィ)
2014年 4月 個展「また始まること」(ギャラリーアビィ)

その他、ギャラリーアビィを中心に多くの企画展に参加。


VOICE OSAKA Culture WEB Magazine