ニューヨークの静かな夜 小林 拓 showcase-VOICE-

BACK

ニューヨークの静かな夜

photo by 小林 拓

「ニューヨークで写真を撮ろう!」そう思って日本を飛び出した。実際のニューヨークはある意味、僕の期待を裏切ってくれた。正直、もっと都会だと思ってた。
でもこの小さな街に凝縮されたパワーに惹かれ、圧倒された。
しかし、この街に住んでいくうちに、次第に街のリズムが身に付いてきて、気がつけば、僕の中からニューヨークに対する恐れや不安が消えていった。
「ニューヨークもまた普通の街なんだ。」そう思うと肩の力が抜け等身大のニューヨークが見えてきた。
夜が更けると僕の一番好きなニューヨークがやってくる。それは想像していたよりもずっと静かで、意外にも安全だ。でも、それでいて背筋をちゃんと伸ばして歩かなくてはいけない独特な緊張感みたいなのがあって心地よい。
だから僕は好んで夜の街へ出た。持ち物はハッセルブラッドと三脚。昼間の喧噪とは別の表情をみせるこの街の空気を写したいと思った。こうして写真を撮りながら歩いているとニューヨークの夜が東京や大阪にダブってみえる。
考えてみると、都会の夜なんて案外みんな同じようなものなのかもしれない。ニューヨークも東京も、おそらくパリもロンドンも...
そこには街のネオンがあり、行き交う車のライトがあり、家路に向かう人の影があり、そして空っぽの街が残る。
ここに来たとき、ニューヨークらしい写真が撮りたいと思った、なにより自分らしい写真が...
でも実際のニューヨークは、僕の想像以上に豊かな表情を持って自分を受け入れてくれた。まるで、「お前の固定観念で俺を見てくれるな、俺はそんなもんじゃねーよ!」って軽く笑い飛ばしてくれたような大人の街だった。
ニューヨークから帰国してしばらくが経った。思い出すのは、夜が更けて街の表情ががらりと変わるあの静けさの中に漂う独特な緊張感...あの「ニューヨークの静かな夜」である。


SITE: http://www.facebook.com/ticktakux2


VOICE OSAKA Culture WEB Magazine