VOICE >KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019 @ 京都市内15会場

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019 @ 京都市内15会場

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019 @ 京都市内15会場

世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを、趣きのある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示する本写真祭も、回を重ねるごとに好評を博し第6回までに約56万人の方にご来場いただき、2019年に第7回目を開催する運びとなりました。
2019年のテーマは「VIBE」です。
VIBE ─ 私たちの感覚を研ぎ澄まし、自身の中に眠る何かを揺るがし覚醒させるもの。誰かに出会ったとき、作品と出会ったとき、ある出来事と対峙したとき、目に映らず、形を持たずとも、私たちの全身全霊にほとばしるもの。そしてもたらされる喜びも葛藤も絶望ですらも、私たちを新たな世界へと導くもの。そんな目に見えないものが繋がるときに生まれる共振や共鳴を伝えたい。 KYOTOGRAPHIE 2019は、誰しもの中に在る「VIBE」を呼び覚まします。

● 日時
2019年4月13日(土)〜5月12日(日)
● 開催場所
京都市内18会場
● 入場料
☆パスポート
一般=4,000円 学生(大学・高校・専門生)=3,000円
※ 会期中有効 / 全メインプログラム会場に各1回のみ入場可能
※ 団体割引(10名以上):3500円
※ 堀川御池ギャラリーへは複数回入場可能
※ 二条城へは別途入城料金が必要となります(一般料金600円ほか)
☆1DAY パスポート
一般=1,500円 学生=3,000円
※ 1日のみ有効 / 全メインプログラム会場に各1回のみ入場可能
※ 団体割引(10名以上):2500円
※ 二条城へは別途入城料金が必要となります(一般料金600円ほか)

※各会場当日券は、各会場にて販売、当会場のみ一回入場可能。詳しくはは公式HP(http://www.kyotographie.jp/)をご確認ください。

○メインプログラム
01. 京都文化博物館 別館|アルバート・ワトソン|\1000(\800)
02. 誉田屋源兵衛 竹院の間|ピエール・セルネ & 春画|無料
03. 誉田屋源兵衛 黒蔵|ベンジャミン・ミルピエ|\800(\600)
04. 嶋臺(しまだい)ギャラリー|ヴェロニカ・ゲンシツカ|\800(\600)
05. 京都新聞ビル 印刷工場跡 B1F|金氏徹平|無料
06. 二条城 二の丸御殿 御清所|イズマイル・バリー|\500(\400)※別途二条城への入城料金が必要となります。(一般料金600円ほか)
07a. 07b. 07c. 堀川御池ギャラリー|パオロ・ペレグリン & 岡原功祐|\800(\600)
08. 両足院(建仁寺)|アルフレート・エールハルト|\1000(\800)
09. ASPHODEL|Ruinart展|無料
10. Sfera|顧 剣亨|無料
11a. 11b. 11c. y gion|アルベルト・コルダ & ルネ・ペーニャ & アレハンドロ・ゴンサレス|\1000(\800)

※ チケットの一般料金(学生料金)
※ 学生=大学・専門学校・高校
※ 開館時間、 休館日がそれぞれ違いますのでご注意下さい。
※ 各会場入場は閉館の30分前まで。
※ 中学生以下は無料
※ 障害者手帳をご提示のご本人様とご同伴者一名様は無料

○アソシエイテッド・プログラム
12. 立命館大学国際平和ミュージアム|よみがえる沖縄1935|一般¥400(¥350)中・高生=¥300(¥250)小学生=¥200(¥150)
13. ギャラリー素形|オサム・ジェームス・中川|500円(300円)*()内はKYOTOGRAPHIEパスポート又は学生証をご提示のご本人様
14. バング&オルフセン 京都 ポップアップストア|原 摩利彦|無料
15. 美術館「えき」KYOTO|篠山紀信|入場料:一般=¥900(¥700)、高・大学生=¥700(¥500)※要学生証提示 小・中学生=¥500(¥300)

住所 各会場の住所は、詳しくは公式HPをご確認ください。
開催時間 開館時間、 休館日がそれぞれ違いますのでご注意下さい。各会場入場は閉館の30分前まで。
休館日 開館時間、 休館日がそれぞれ違いますのでご注意下さい。各会場入場は閉館の30分前まで。
公式ホームページ http://www.kyotographie.jp/