大阪カルチャーwebマガジンVOICE



夏木マリ『好きか、嫌いか、大好きか。で、どうする?』出版記念トーク&サイン本お渡し会 @ スタンダードブックストア 心斎橋

夏木マリ『好きか、嫌いか、大好きか。で、どうする?』出版記念トーク&サイン本お渡し会 @ スタンダードブックストア 心斎橋
2/24(土) 12:00〜14:00    2/11 up

今年、デビュー45年を迎える夏木マリ(65)。
彼女の強さ、オシャレさ、挑戦し続けるスピリッツは、多くの女性の憧れです。
本書は、YahooニュースやSNSで話題の"夏木マリの人生相談"をベースに、大幅な加筆を加え、30・40代の悩める女性向けの「夏木マリ流・悩み解決メソッド」を届けることを目標に作られました。
「夏木マリの思考とは?」 「夏木マリっぽく生きるには?」
人生の岐路に立つ、多くの女性の決断を後押しするような一冊です。
本書の発売を記念し、夏木マリさんに会える人数限定のトークイベント&サイン本お渡し会を開催いたします。

『福岡市が地方最強の都市になった理由』刊行記念 木下斉トークショー @ スタンダードブックストア 心斎橋

『福岡市が地方最強の都市になった理由』刊行記念 木下斉トークショー @ スタンダードブックストア 心斎橋
2/28(水) 19:30~21:30    2/11 up

今、地方の中でも凄まじく勢いのある福岡市。かつて他都市に大きくおくれをとっていたまちが、どのようにして逆転したのか?その"急成長の秘密"を著者の徹底取材によって明らかにする!
福岡市の魅力――。
それは、行政・民間問わず「覚悟」を持って地域発展に貢献していること。他都市の常識にとらわれず、自分たちで戦略を考え、本気で行動しているのが福岡市の姿なのだ。

手にとる写真展●12 @ ギャラリー・アビィ

手にとる写真展●12 @ ギャラリー・アビィ
2/15(木)~2/18(日)   2/6 up

写真展だというのにギャラリーの壁には額もパネルもありません!
あちこちの棚に置かれた写真の束を手にとって1枚1枚観ていくという鑑賞スタイルです。
次にどんな写真が現れるのか、ワクワクドキドキしながらご覧いただく、ちょっと珍しい形式の写真展です!

ターナー 風景の詩 @ 京都文化博物館

ターナー 風景の詩 @ 京都文化博物館
2/17(土)〜4/15(日)    2/5 up

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)は、イギリスで最も偉大な画家であるのみならず、風景画の歴史のなかで最も独創的な画家のひとりです。卓越した技法によって、嵐の海景、崇高な山、穏やかな田園風景など、自然の多様な表情を描くとともに、歴史風景画にも取り組みました。光と空気に包まれた革新的な風景表現は、今日においても多くの芸術家にとって、インスピレーションの源になっています。

NextWave,TOSH SHINTANI

NextWave vol.52
TOSH SHINTANI   2/10 up

ファッション界の注目の新星を紹介する「NextWave」!
第52回目は、フォトグラファーの「TOSH SHINTANI」を紹介!
シャッターを押すことがとてもカジュアルになってきている時代だからこそ何を撮るか、という事にこだわりを持って撮影している。
高校卒業後、渡米。NYでファッション雑誌のインターンやショーのディレクションのアシスタントを経験する。帰国して現在はカメラマンとして活動中。

村山 康則,月の出てない月夜の晩に

月の出てない月夜の晩に
村山 康則   1/20 up

電車の窓は社会を映す鏡でもある。
私たちが普段何げなく乗っている電車は社会の縮図と言ってもいいだろう。
車内に乗り合わせた様々な人々、車窓から見える街の景色やその灯りの元で暮らしている人々の生活。
写真家はガラスに折り重なるように反射して映る人々を撮ることで、矛盾に満ちながらもいくつもの層が複雑に絡み合う社会を写し撮った。

竹中 みなみ,静謐

静謐
竹中 みなみ   1/20 up

現代を生きる私たちの日常はとても慌ただしく、身の回りはモノで溢れている。
本来、人間はもっと身軽に生きれるはずなのに、捨てるに捨てれず持っているモノや余計な人間関係のシガラミが生き方を重くさせる。
「せめて写真だけでも、不要なものは省いていたい。」
そんな思いで、写真家は眼の前の風景から余分なものを削ぎ落とし、静謐な世界を追い求める。

No Shopping No LIFE-大阪・神戸・京都の2018年冬のバーゲン&セール情報-

No Shopping No LIFE 
大阪・神戸・京都の2018年冬のバーゲン&セール情報
12/31 up

☆2018年冬のバーゲン戦線がいよいよ開幕!☆
大阪・キタのHEP FIVE、ミナミの心斎橋OPAなどの有名ショッピングモールから神戸、京都の注目のショップまで関西のお得なバーゲン情報が満載!

関西(大阪キタ、ミナミ、あべの、神戸、京都)の2018年冬のバーゲン&セール情報を完全網羅!
大阪キタ、ミナミ、アベノ、神戸、京都のショッピングモールのバーゲン情報を紹介!
気になったあの店のバーゲン情報はここでチェック!

生誕120年 東郷青児展 @ あべのハルカス美術館

生誕120年 東郷青児展 @ あべのハルカス美術館
2/16(金)〜4/15(日)    2/5 up

東郷青児(1897-1978)は日本最初期の前衛絵画から昭和のモダン文化を彩るデザインの仕事、さらには美と抒情を統合した比類ない女性像まで、生涯にわたってさまざまな造形的挑戦を続けました。
本展では、「東郷様式」と呼ばれた独特のスタイルが確立する1950年代末までを中心に、逸品と希少品を一堂に集め、その画風の形成をひもときます。

2017年 第13回「名取洋之助写真賞」受賞作品 写真展(関 健作「Limited future」、楠本 涼「もうひとつの連獅子」)@ 富士フイルムフォトサロン 大阪

2017年 第13回「名取洋之助写真賞」受賞作品 写真展(関 健作「Limited future」、楠本 涼「もうひとつの連獅子」)@ 富士フイルムフォトサロン 大阪
2/16(金)~2/22(木)    2/5 up

公益社団法人日本写真家協会が35歳までの「新進写真家の発掘と活動を奨励する」ために、公募した受賞作品を展示します。
今回は「脳腫瘍という病気と向き合い、自分と家族の未来を思い描く一人の男を追った作品」で「名取洋之助写真賞」を受賞した関 健作の「Limited future」と「自分の居場所を守るため、一般的な価値観を選ばなかった老齢の舞踊家と、若き弟子たちが、何を授受するのかを追った作品」で「名取洋之助写真賞奨励賞」を受賞した楠本 涼の「もうひとつの連獅子」を展示します。

生誕60周年記念 くまのパディントン™展 @ 美術館「えき」KYOTO

生誕60周年記念 くまのパディントン™展 @ 美術館「えき」KYOTO
2/8(火)~3/4(日)   2/5 up

児童小説『パディントン』シリーズは、40以上の言語で翻訳・出版され世界中で愛され続けています。この物語の主人公は子ぐまのパディントン。南米のペルーからたった一匹でイギリスまで旅してきた彼が、ロンドンのとある駅でブラウン夫妻に出会い家族として迎えられ、さまざまな冒険談とともに街の人気者になっていくというお話は、1956年、原作者のマイケル・ボンド氏(1926-2017)が妻にクリスマスのプレゼントとして贈ったくまのぬいぐるみから始まりました。

OUTREMER|群青 石川 竜一 写真展 @ THE THIRD GALLERY AYA

OUTREMER|群青 石川 竜一 写真展 @ THE THIRD GALLERY AYA
1/27(土)~2/17(土)   2/5 up

「okinawan portraits」と「okinawan portraits 2012–2016」の展示のあと、パリ、マルセイユ、コルシカ、リヨンの人々を撮影したこのシリーズの展示は必然であったように感じています。  
2015年から2017年の間の4ヶ月間にわたって撮影されたフランスの人々は、「okinawan portraits」に登場した人々とどことなく似ている気がします。石川がそのような人々に惹かれるのか、人々が石川を引き寄せるのかはわかりません。ただ、親しみさえ感じるこれらのポートレートを「okinawan portraits」を見た人には必ず見て頂きたいと強く思います。

20050810 榎本 八千代 写真展 @ gallery 176

20050810 榎本 八千代 写真展 @ gallery 176
2/16(金)〜2/27(火)    2/1 up

2016年の春、11年前に息子を亡くした母親であり作者でもある榎本が息子の遺品がしまわれていた箱から一つ一つ丁寧に取りし、カメラの前に置き、そしてファインダーを通してやっと11年前の「喪失」についてやっと考え始めることができました。それは、写真というツールを利用することにより自らの「喪失」の記憶について、辛いながらも向かいあう事が出来ると考えたからです。

ニコンサロン50周年記念 ニコン・コレクション展「6人の星座」@ 大阪ニコンサロン

ニコンサロン50周年記念 ニコン・コレクション展「6人の星座」@ 大阪ニコンサロン
2/1(木)~2/14(水)    2/1 up

ニコンサロンは、ニコン創立50周年を記念して1968年1月14日に、写真文化の普及・向上を目的として銀座に開設され、その後、1971年に新宿、1974年に大阪と展開し、さまざまなジャンルの写真展を開催してまいりました。
今回の企画展は、ニコンサロンで開催された写真展からニコンがコレクションした6名の写真家の作品で構成しています。これらは正にニコンサロンが歩んだ50年間の軌跡であり日本の写真表現の貴重な財産です。

海馬のゆりかご OHO KANAKO 写真展 @ 大阪ニコンサロン

海馬のゆりかご OHO KANAKO 写真展 @ 大阪ニコンサロン
2/15(木)~2/21(水)   2/1 up

人は誰でも成長していく過程で、愛されて育つ。愛される感覚というのは、単に親や周囲の人々から受けるものだけではなく、景色を見て美しいと思うこともまた同じ感覚を培っていくという。大人になったら忘れてしまうことを土台にして私たちは構成されているのかもしれない。本作品は、幼い頃に一家離散を経験した作者が、結婚、出産を経て築いた新しい家族と共に生まれ故郷に戻り、生家のとなりで子育てをする中で見えてきた、自身の幼少期を追体験する様子を写真にまとめたものである。

2018年キヤノンカレンダー作家展 野町 和嘉 写真展「PLANET」@ キヤノンギャラリー大阪

2018年キヤノンカレンダー作家展 野町 和嘉 写真展「PLANET」@ キヤノンギャラリー大阪
2/15(木)~2/21(水)   2/1 up

世界遺産がテーマの2018年キヤノンカレンダーのために、写真家、野町和嘉氏が海外で撮り下ろした作品の中から、カレンダー未使用の作品23点を展示します。
クリスタルのような氷塊に覆い尽くされた厳冬期のバイカル湖や、コーズウェー海岸の奇観など、地球というPLANET(惑星)の中でもほとんど知られていない、奇跡の景観ともいえる自然遺産の数々をご堪能ください。

Portraits 金澤 正人 写真展 @ キヤノンギャラリー大阪

Portraits 金澤 正人 写真展 @ キヤノンギャラリー大阪
1/18(木)〜1/24(水)    1/8 up

写真家、金澤正人氏は、生命を全うし舞い落ちた葉に、朽ちてもなお美しさを発しようとする生命の偉大さを見出しシャッターを切ります。人に踏まれ、微塵となってしまう直前の姿に宿る美しさに目を向けて、静かに、そして正々堂々と対峙しました。まさに葉たちのポートレートといえる作品群には、氏ならではの撮影方法により眼に見えないものが現れ、今までにない儚い生命の美しさが写し止められています。

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 @ 京都国立近代美術館

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 @ 京都国立近代美術館
1/20(土)~3/4(日)    1/8 up

ファン・ゴッホ(1853-1890)と日本の関係に焦点をあてた展覧会。
ファン・ゴッホが日本に関する文献や浮世絵を通して思い描いた理想郷としての〈日本〉と、日本の芸術家や知識人による聖地オーヴェール巡礼を通して築かれた〈ゴッホ〉という夢の交差をひも解き、今もなお絶大な人気を誇る画家の魅力を紹介します。
あわせてコレクション・ギャラリーでは京都限定企画として、大阪を拠点に活躍する現代美術家・森村泰昌によるファン・ゴッホ関連作品を展示します。

第19回三木淳賞受賞作品展 齋藤 茜 写真展「扉は外へつながっている」@ 大阪ニコンサロン

第19回三木淳賞受賞作品展 齋藤 茜 写真展「扉は外へつながっている」@ 大阪ニコンサロン
1/18(木)~1/24(水)   1/8 up

「私こんな表情してたんだ。生きてるんだなぁ。写真を見ることではじめて生きてる実感がする。」妹を撮りはじめて1年半が経った頃、プレゼントしたフォトブックを見て彼女が呟いた。
録音した自分の声に違和感を感じるように、「目に映る世界」と「写真に写る世界」にはズレがある。
自己像と写真のズレに気づいた時、意識下の自己像は照らしだされ変わっていく。そのことが面白くて、妹が元気になっていくのが嬉しかった4年間の記録。

「最高の引き寄せ 〜誰もが簡単に使える潜在意識の活用法〜」井上裕之トークイベント&サイン会 @ 梅田 蔦屋書店

「最高の引き寄せ 〜誰もが簡単に使える潜在意識の活用法〜」井上裕之トークイベント&サイン会 @ 梅田 蔦屋書店
1/19(金) 19:00~21:00   1/8 up

今まで引き寄せの法則の本を読み、自分の思いを引き寄せた人は少ないと思います。
今回、会場に来られた方には、確実に引き寄せるためにはどうすべきかについて、とてもシンプルに、なおかつ、論理的にお伝えいたします。
この講演が皆さんの人生が変わる日になると確信しています。

京都市美術館所蔵展「描かれたきもの美人」@ 美術館「えき」KYOTO

京都市美術館所蔵展「描かれたきもの美人」@ 美術館「えき」KYOTO
1/2(火)~1/21(日)   12/26 up

本展覧会では、京都市美術館所蔵の数ある珠玉の作品の中から日本画を中心に、美しく艶やかに描かれた"きもの美人"約40点を紹介します。上村松園《人生の花》、菊池契月《散策》、堂本印象《婦女》、秋野不矩《紅裳》など、近代の画家たちが描いたさまざまな女性像をお楽しみください。

TOWN 市橋織江 写真展 @ 入江泰吉記念 奈良市写真美術館

TOWN 市橋織江 写真展 @ 入江泰吉記念 奈良市写真美術館
1/6(土)~4/8(日)   12/26 up

様々な都市の今という時間の中で繰り広げられる日常と生活。そこに於いて自分はいつも、辿り着きまた過ぎ去る他所者だ。
旅しているのはカメラで、自分はその付属品のようなものかも知れない。そう錯覚するほどに、街との距離はいつも一定だった。他所者から見る街の日常は、騒めきと煌めきで出来ているようだった。
移ろいゆく時間、限られた時間の中から、心が騒ぐつくような感覚を拾い集めようとする旅で巡り会った、ある街の5日間の光と影。

ジブリの立体建造物展 @ あべのハルカス美術館

ジブリの立体建造物展 @ あべのハルカス美術館
12/2(土)~2/5(月)    12/26 up

スタジオジブリは1985年の創立以来、多くのアニメーション作品を発表してきました。作品中にはドラマが起こる舞台として、たくさんの「建造物」が登場します。本展覧会では出発点となった「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、作品に登場する建造物の背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料を公開。

NewsStand

NewsStand
ネットに埋もれたニュースを掘り起こす
12/31 up

『「才能と選択の違いを知ること」Amazon創業者ジェフ・ベゾスが卒業式で語った、道の切り開き方』
『音楽史史上、絶対に外せない洋楽の超絶絶対的名曲を教えてくれ』
『1回勝って終わる人と「勝ち続ける」人の差 世界一プロ・ゲーマー梅原大吾の「仕事論」』
『「志」でほんとうに食っていけるのか』...etc.

focus on the street

focus on the street
ストリートスナップの決定版!

関西のストリートスナップの決定版!
「focus on the street」がスタート!
ストリートから個性溢れる人々のスナップをお届けします!

大阪カルチャーWEBマガジンVOICE Facebookページ

大阪カルチャーWEBマガジンVOICE Facebookページ

VOICEの最新情報をあなたのFacebookで!
VOICEのFacebookページです。 最新のイベント情報を紹介してます。

PHOTOGRAPHER'S INDEX

PHOTOGRAPHER'S INDEX
新進気鋭の写真家の紹介   

VOICEが注目する次世代の写真家たちを紹介します。

web model,写真作品募集中!

web model & 写真作品募集中!
サイトに出てくれるモデル&発表できる写真作品を募集中!

大阪カルチャーwebマガジンVOICEでは、ストリートスナップなどサイトに出てもらえるサイトモデルと「showcase」のコーナーで写真作品を発表してもらえる方を募集してます!